天然理心流は、古武道としては比較的近世である江戸時代寛政年間に流祖近藤内蔵之助が創始した、剣術、居合術、柔術、棍法(棒術)、活法、気合術等を含む総合武術です。幕末期には天然理心流 四代目の近藤勇と、門弟の土方歳三、沖田総司、井上源三郎らが、京都において「新選組」を結成し、当流の実力を遺憾なく発揮し京洛の治安維持のために活躍したことでも知られています。

現在は、天然理心流の精神と剣術の技法をほぼ完全に継承している天然理心流心武館の大塚篤館長が指導にあたっています。

 

​お知らせ

  • ​​2020年 5月1日 5月の稽古対応について

  • ​​2020年  3月26日 4月の稽古対応について

  • 2020年  3月11日 門人年会費更新手続きのご案内について
             浅草古武道大会の中止について

  • ​2020年  3月  8日 中神熊野神社春季例大祭の中止について

  • 2020年  2月28日 新型コロナウイルス感染症に対する予防対策について

  • 2019年12月30日 ウェブサイトリニューアルオープン

Copyright © 2020 天然理心流心武館 All Rights Reserved.
天然理心流心武館 事務局,mail@tennenrishinryu.jp

  • Grey Facebook Icon